Loading…

Route24 Official Weblog

Hello!!
Start Weblogging

MBPの修理のあれこれ

スクリーンショット 2017 08 11 15 49 49

 呼んでもないのに現れた召喚獣健太に破壊されたMBP(こちらこちら)ですが、無事に修理終了。
 月曜日にGeniusに預けたら水曜日には修理終わって戻ってきた。

 修理不能で戻ってくる場合もあると聞いていた(そうなると35万でニューマシンを再購入)ので戦々恐々としてたんですが、気持ちはうらはらに
「意外にダメージ少なくて5万くらいで修理できるかも」
 と思っていたら…。

 最高額の15万の修理となりました(泣)

 

 修理不能で35万でMBP再購入よりは良かったけど、それにしても健太が水をこぼしただけで15万って有り得ない。(有り得てるけど)

 

 ちなみにマザーボードや液晶やカバーが交換となったため、ほぼ新品。
 健太がベタベタ貼ったシールもなくなったのでブランニューMBP感あり。

 

 半年くらい前からiCloudでのフル連携&バックアップに環境変えていたので、電源入れてiCloudと同期したらほぼ復元。
 クリーンインストールなので、不要ファイルとかまで復元されないのは気持ちいいですが、TimeMachineからの復元ではないのでそれなりに面倒。
 Win10とParallelsを再インストールして、MicroSoftに電話してWin10の再認証してもらって、銀行にオンライン証明書再発行の手続きとか死ぬかと思った。

 MSOfficeとかNortonとか、サブスクリプション契約してるアプリは前のMacの認証外して新しいMacで再認証すればいいので簡単。

 IDやパスワードもiCloudで移行されるので手間要らず。

 ソフトの細かい設定などが引き継がれないので、使おうと思った時に設定違っていたりして、これがまた、前の設定を思い出しながらの再設定なので地味に面倒。

 

 一番面倒なのはiTunesのミュージックライブラリ。

 これはTimeMachineからミュージックライブラリだけ復元しないとダメなんですが、重複してる曲が多いし、もう何年も聴いてないアルバムもいっぱい入ってるので、ライブラリ復元せずに、新たにリッピングしようかどうしようか迷い中。

 よく聴いてる曲(若い頃にレコードで持ってた類)って、CDは持ってなくてiTunesで購入し直したパターンが多いので、CDリッピングせずに、iTunesで購入した曲を再ダウンロードするだけで、それほどストレスないのは自分でも意外だった。

 音楽との関わり方が知らぬ間に変わっていた。

MBP修理状況

スクリーンショット 2017 08 02 9 59 39

 経緯は(こちら)に書きましたが、誰も召喚してないのに勝手に現れた召喚獣健太の水の魔法攻撃によってOut of warrantyとなったMBP。

 最悪は修理不能ということで戻されると言われましたが、どうやら無事に修理はされた模様。
 マザーボード交換で最高額の修理費(15万円)なんだろうか?
 実はマザーボードは生きてて、他の部品を交換しただけなので3万くらいで修理できたということはないんだろうか? 

OW(Out of warranty)

IMG 9775

 健太が水をこぼしたMacBook Proですが、クローズしててスリープ状態で天板に水(コップ半分程度)がかかっただけ。
 オープン状態でキーボードに水をこぼしたわけではないので、そんなに焦ることもなくすぐに水を拭いてオープンしてみたらTouchBarの表示がバグっていたので、慌てて電源オフして週末は自然乾燥。

 本日の月曜日の朝に電源入れても起動しないのでGeniusBarへ持込み。

 補償対象外なのは分かっているので5万くらいで修理できればいいなと安易に考えてたら、なんと!
 修理代15万円!!

 
 GeniusBarのスツールに座ってましたが、腰が抜けました…。

  

 ぼくがMacを購入したときはAppleCare Protection Planという有料保証しかなかったのでそれに加入していたのですが、先月くらいにAppleCare+ for Macという新しい有料保証に切り替わって、そちらのプランだと保証外の修理でも1万か3万のどちらかで2回まで修理してもらえるらしい。(こちら

 あと半年遅くMac購入していればAppleCare+ for Macに加入してたから、そしたら15万が3万ですんだのかも。

 …というか、健太が水をこぼさなければ。

 …いや、むしろ、コップ持たさなければ。

 

 15万というのはマザーボード交換の場合の最大の修理料金で、これから修理センターに送ってバラしてみないと幾らかかかるか分からないとのこと。
 ひょっとすると、マザーボード交換は免れてもっと修理代安くなる可能性あるそうですが、マザーボード以外のパーツも壊れてて規定数以上のパーツ取換えとなる場合は、修理不能ということでそのまま送り返されてくるらしい。

 最悪は修理不能パターンで再びMBP購入で35万円。
 それを考えると15万で修理してもらえる方がお得で、お安く思えてくるから不思議(泣)