Loading…

Route24Web

Route24 Official Weblog
Start exploring

三宿の店名変わりまくりのお店(現店名はR STAR)の牛肉麺

IMG 2059IMG 2062IMG 2064

 日曜日の午前中に、今日がお泊まり最終日のピーちゃんと、健太と、ヒカルで世田谷公園へ。

 そしたら近隣のコインパーキングが全て満車。
 仕方ないので、先ずは健太とヒカルが公園で遊んで、ピーちゃんとぼくは公園の駐車場の空き待ち。

 しばらくしても空かないのと、健太の上着を忘れたので、ピーちゃんをヒカルに預けて、ぼくは健太の上着のピックアップで一旦帰宅。

 世田谷公園に戻るも、パーキング空いてない状況は変わらず。
 みんなで家に戻ることになるが、そしたら路上のパーキングメーターが1台空いていたのでそこに駐車。

 

 すると健太がお腹空いたというので、何度が食べに行ったハンバーガー屋さん「Rバーガー&リカーバー 三宿」へ。
 ピーちゃんがいるので犬と子供OKのお店でないと入れないわけですが、このお店なら、健太ともモグとも行った事があるので大丈夫。

 

 そしたら店名が「R STAR」に変わって、中華レストランになっていた…。

 

 確認すると犬も子供もOKなのは変わらず。
 経営母体は変わらないまま、店名と、提供する料理を変えたみたい。
 …とはいえ、以前と同じでハンバーガーやステーキの提供は続いているので、さらに中華もメニューに加えたということらしい。

 ハンバーガー屋さんになる前は「DEMODE R」というカフェだったので「R」シリーズで店名が変わりまくっている印象ですが、なに狙いなんだろ?
 土日利用が多いので平日のことは分かりませんが、お客さんも入っているのに、そんなに店名変えてばかりというのが意味不明。

 店員さんは変わらずで親切でした。 

京都たかばし第一旭の特製ラーメン

IMG 2010 2

 大阪出張で京都泊。

 早めに宿をチェックアウトして第一旭へ。
 並びなしで店内数席の空き。
 早起きは三文の徳。

 

 久しぶりなのと、年内は来られそうにないので、いつものメンマネギではなくて豪勢に特製ネギにしてみた。
 そうしたらやや塩味強め。

 過ぎたるは尚及ばざるが如し。

恵比朱・京都

IMG 1999IMG 1997

 先週の大阪出張。

 何故だか大阪のホテルがどれも満室。
 3,000円くらいのゲストハウスの相部屋か、4万以上くらいの宿しか空いてない。

 他は大人専用というカテゴリーのラブホテル。
 海外旅行客にはラブホテル宿泊って人気だもんね。

 さすがに50歳のおっさんの出張で、ラブホテルに1人で宿泊ってのもどうかしてるので、ぼくは京都のホテルを予約。
 同行したAくんも、大阪界隈のホテルが全く取れなくて、どうにか新大阪のホテルが取れたらしい。(それも偶然1室空いていたとのこと)

 

 21時くらいに打ち合わせが終わり、チーム全員で軽く食事。
 ぼくは移動があるので1軒目でみんなと別れて京都へ。

 てっぺんを少し過ぎた頃の京都駅は、ほぼ人がいなくて真っ暗で驚いた。
 ほんとに夜が早い街。

 

 小腹が空いていたので第一旭に行こうかと思ったら、残念なことに定休日。

 ネットで調べると0時過ぎて空いてる店が、駅周辺にはここしかなかったので初訪問。
 そしたら10名くらいの団体さんが待っていて、その後ろに並んだら、団体さんから
「お先にどうぞ」
 と声を掛けられて、ぼくの前のお一人さまと一緒に店内に入る。

 そうしたら店員さんから
「団体さんがお待ちなので、しばらく店外でお待ちください」
 と言われるが、ぼくの前のお一人さまが
「店外の団体さんから、先にどうぞと言われたんですよ」
 と事情を説明してくれて、カウンターに通された。

 

 細ストレートの柔目茹で麺。
 スープは鶏が強いまろやか系。
 ネギ増量は無料。
 ライスは大中小が同料金。
 他に、リクエストすると、ニンニクが別皿でサービス提供してくれますが、マヨネーズというのもあった。
 ラーメンにマヨネーズ入れるってことなのかな?

 印象としては天下一品を上品にした感じの一杯でした。

三田製麺所・恵比寿店のつけ麺

IMG 1980

 久しぶりの三田製麺所。
 相変わらず9割りくらいの入りで人気。

 太麺のため、通常は茹で時間がけっこうかかるのですが、今回は、着席して食券を渡したら2〜3分で提供された。

 ちょっと柔目でした。

目黒・勝丸の正油+海苔

IMG 1940

 ラーメン激戦区となった目黒駅周辺で、30年近く前から営業しているのがここ勝丸と権之助坂中腹の田丸。
 たまたまでしょうが「○丸」という店名のお店が長く続く秘訣?

 

 時代の移り変わりと共に両店共に色々とメニュー構成も変わりました。
 概要としては品数が増えて、お酒のつまみが充実して、セットや、サービスデーが新設された。

 しかし基本のラーメンの味は30年前からほぼ同じ。
 さすがに新しさは失せましたが、両店共に他にない味わいなので、未だに常連客を固持。

 強烈な魚介(煮干し)に、たまり正油っぽいコク系の正油の青森ラーメン。
 そこにピロピロの細平縮れ麺。

 必ずスープが熱々なのが嬉しい。