新作と産休のお知らせ

スクリーンショット-2015-03-31-23.37.48.jpg © 2015 . All rights reserved.

   みなさまへ    鋭意制作中の新作ですが、タイトルが「まかいピクニック」に決まりました。 詳細はWEB(こちら)かFB(こちら)かG+(こちら)で情報公開していきますので、ちょっぴり注目して頂けると幸いです。(5月リリース予定ですが順調に(?)遅れております)     それと私事になりますが、嫁が明日から産休に入ります。 なにかと遅れることの多い人生ですが、今後ともよろしくお願い致します。

お花見散歩〜薬物ダメ ゼッタイ提灯

DSC05766.JPG © 2015 . All rights reserved.

 モグの散歩がてら中目黒へ。 目黒川の桜は7分咲きくらいかな。  毎年目黒川に花見に来ますが、今年の混み方は尋常じゃない。 一気に咲いて週末となり、明日の日曜日は雨で、来週末にはピーク越えてるだろうから人出が集中したのかも。  交通規制が入るほどに人が溢れていて、モグがつまらなそうなので早々に退散。    チープな提灯がかわいいのですが「薬物ダメ ゼッタイ」とか書いてあって風情なし(^^;

Vitamix

IMG_0410.JPG © 2015 . All rights reserved.

 買う・買わないで数年揺れていた世界最強のブレンダーVitamix。 食欲ない状態が続いて不調だったヒカルが数日前から再び料理をする様になり、迷いも吹っ切れたみたいでいきなりの購入となりました。  ぼくとしてはiPhoneをブレンドするマシン(こちら)という印象なのですが、iPhoneをブレンドしちゃう程のパワーなので、オーガニックなフルーツは皮を剥く必要なく、なんでもかんでもなめらスムージーになるらしい。 「デトックスになるから、これからしばらくはランチはスムージーね」 と言ってましたが、別に毒素溜まってないもん…。  ラーメン食べたい。

路地のその奥の秘境の爆龍・武蔵小山(19)

IMG_0362.jpg © 2015 . All rights reserved.

 水曜日の昼食で爆龍へ。  チャリでお店に向かったら、住宅街をスマホのナビをみながら周囲をキョロキョロ見ている男性が1名いた。「もしや?」 と思いつつ、曲がり角を1ヶ所間違いながらお店に到着すると、後からその男性がやってきた。  初訪問時。 完璧に地図を頭に入れて行ったのに数分迷った。 地元民でも迷うほど分かりにくい場所にお店がある。  …とはい先客4名で後客3名だったので、こんなにも飲食店に不利な場所でも人気が定着しつつある様だ。    やわ目に茹でられた浅草開花楼の極太縮れ麺が優しい。 塩分強め、背脂びっちり、ショウガたっぷりでちっとも優しくないのだけど(^^;  別皿で提供されるニンニクの醤油漬け。 前回も感じたことだけど、これを入れると一気に二郎の味になるので最初に使わない方がいいです。    ご馳走さまでした。 

May the force be with you.

IMG_0400_2.jpg © 2015 . All rights reserved.

 ランチ後のミーティング後に、数年振りにバンナムさんへ。  日本ではまだ未公開のSTAR WARSのアーケードゲームに興じる。 最終ステージはベイダー卿の役割になるのでダークサイドに堕ちそうになった。  その後に場末酒場飲み会。  色々と、あれこれと新鮮で楽しかった。  某釣り好き女子から、ぼくのiPhone6 Plusにサインを頂いた。 家宝にします。 

博多へ(護送〜SKY Wi-Fi〜水炊き〜中洲の屋台〜赤のれん〜コントの人9〜カフェ〜鮨〜一幸舎〜カーシェア〜うろん〜PM2.5〜糸島)

IMG_0264.JPG © 2015 . All rights reserved.

 人生2度目の福岡(博多へ)。  羽田の搭乗口にテレビクルー。 誰が来るのかと思えば囚人の護送。 手錠した手を隠してSP数名に連れられて行った。  幸先のいいスタート。 うそ。 若干気持ちが落ちたままJALに搭乗。    国際線でWi-Fiが増えているみたいですが、はじめてW-Fi対応している飛行機に乗った。 羽田〜福岡間でスマホは500円。タブレットは700円。 高いのか安いのか判断できない微妙な値付けですが、仕事で必要だったら間違いなく利用する。  けれども飛行機の移動中にも連絡可能というのは逃げ場がない気もする。 10時間越えるフライトの時は確実に利用するかな。  普段はANAばかり利用するので知りませんでしたが、国内線にもWi-Fi導入しているので(Wi-Fiに関しては)ANAよりJALの方が進んでいるっぽい。     風邪気味のフライト。 着陸するときの気圧の変化で左耳に激痛。 以前、フライト中にずっと寝ていて着陸直前に目が覚めたら、耳抜きしてないので激痛に見舞われたときがあった。 そのときより痛くて参った。 風邪気味のときの飛行機注意なことを思い出した。    博多に到着。 博多駅至近のホテルにチェックインして、すぐにランチで大濠公園へ移動。 白濁してないスープの水炊きランチ。 骨をキレイに処理すると白濁しないそうだ。 上品さが極まった味。 スープも鶏も野菜も驚きの旨さですが、自家製の柚子胡椒がヤバい。 雑炊の漬物と一緒に供されるニラ醤油が、これまたヤバい。 博多の水炊きカルチャーにはニラ醤油が定番なのかと思ったら、このお店のオリジナルらしい。 作り方を教わったので近日中にトライしてみる。    博多は週末に桜開花とのこと。    夜に中洲へ。 中洲は前に1度来たことがあるが、そのときは屋台に行けなかったので屋台デビュー。  区画整理で条例(?)が変わったらしく、屋台は、いま営業している人の代で終了とのこと。 なので店主が引退したりでどんどんお店の数が減っているそうだ。 もっと活気があるのかと思えばちょっぴり地味な感じがして寂しい。  念願の中洲屋台の九州豚骨ラーメンデビュー。 見た目に反してあっさり系。 都内でいうと○金ラーメンに近い。  屋台は様子見で豚骨ラーメンを1杯をヒカルとシェアしたので、ちゃんと食事をするために天神へ移動。  東京で1番好きな豚骨ラーメン・西麻布「赤のれん」の本店へ。(こちら) てっきり本店なのかと思っていたら、博多の赤のれんの味にほれ込んだ人がお店で修業して、免許皆伝でオープンしたのが、西麻布の赤のれんとのこと。 なので本店と支店という関係ではないそうだ。  お店は広く店内数人待ち。 女性のお一人さまも多く、みんなから愛されているお店という雰囲気が伝わってくる。  西麻布のお店とほぼ同じ味ですが、こちらの方がクリーミーかも。 どっちにしろ旨くてヤバい。   仕事の関係で追っかけている「コントの人9」へ。  1回目の札幌公園、大阪の昼・夜公演、最終日の博多の昼公演と、このライブツアーは4回目。 どんどん熟成れていく感じとか、場所やお客さんによって笑いのタイミングや深度などが違うことがわかってとっても勉強になった。  今回の公演では、独特のポイントで大声で笑う女性がひとりいて、その人に釣られて大声で笑ってしまうことが数回あった。 「どうしてそこで笑うの?」 と考えると、その人が、そのポイントで笑ってることが笑えちゃう感じ。  ボケたところで起きる笑い。 ボケを突っ込んだところで起きる笑い。 客が笑いにグルーブかける笑い。  なにしろ面白かったです。 ありがとうございました。     天神はお祭り。 知らないゆるキャラ多数。    天神のApple Storeの近くのサードウェーブコーヒー系カフェへ。 なんだかとってもサンフランシスコっぽい。  店内にトレンチコートを着ている女性が多数。  春の流行のファッション先取りですが、博多って、流行りモノが徹底的に流行る土地なのかも。 流行りがちゃんと流行るというシンプルさは、東京とは違う。 トレンチコートが流行っても、東京だと20%くらいが限度だと思いますが、博多(天神)は35%くらいが上限値という感じ。    お鮨、旨い。 ほぼ地魚。  オススメのお酒をお願いしたら、東京では3杯分くらいの量の焼酎ロック。 麦〜芋にステップアップして、ベロベロになってきたので、握りを数貫食べてお店を出る。  カウンターで仲良しになったご夫婦と豚骨ラーメンの話しをしていたら「博多もんは、ほんとうは豚骨ラーメンじゃなくて、うろんを食べるばい」 と言っていた。 うどん、ではなくて、うろんとのこと。    酔い醒ましで、夜の風に当たりながらホテルまで徒歩で帰る。 暑くもなく、寒くもなく、夜に歩くのに気持ちのいい季節。 … Continue reading

きりきり舞・不動前(16)

IMG_0258_2.JPG © 2015 . All rights reserved.

 この数日、起きるとくしゃみと鼻水だらだらで怠くて熱っぽい。 人にいうと「花粉症だよ」と言われますが、ぼくは花粉症ではないのできっと風邪。  大量ショウガ摂取して治そうと思い、昨日のランチは、チャリで近所のきりきり舞へ行ってみた。 民間療法万歳。    以前は雪谷大塚の名店「葉月」の不動前支店だったお店。 濃厚かつお節+鶏出汁ラーメンでしたが、数年前に濃厚煮干し+鶏出汁に方向性チェンジ。 その後に葉月・不動前支店の店長さんが、本家・葉月ののれん分けという形でお店をそのまま引き継いで「きりきり舞」としてリスタートした。  きりきり舞になってからはじめて伺ったのですが、以前と同じメニューがありつつ、ラーメンは白・黒のどちらか選択というスタイルに変わっていた。 黒は濃厚煮干し+鶏出汁に濃い口醤油で味付けして、マー油を浮かべたタイプ。 写真の丼の上半分のスープが黒いですがこれがマー油。  頼んでから気づいたのですが、たっぷりショウガが乗るのは白みたい。(以前のたっぷりショウガはこちら) 黒にはショウガが乗ってなかった(泣)     この濃厚さだと、以前の様にタマネギみじん切りか、ショウガがあった方が合うと思うんだけどどうなんだろ? 次は白を食べてみよう。  ご馳走さまでした。    秘密兵器が届いたので、夕飯はそれを使って自家製パスタを作る予定。 どんななるか楽しみ。 

e-taxでの申告ミッションクリア!

IMG_0028.jpg © 2015 . All rights reserved.

 近所の目黒税務署で申告できなくなったという勘違い(こちら)が発端となってのe-taxチャレンジ。 ラスダン並のトラップ(こちら)に翻弄されんがらも、どうにかミッションクリア!  間違って5回連続でMacの利用者権限パスワードを入力したことで、公的個人認証電子カードがロックされたと思ったのですが、区役所でパスワードロック解除してもらったら「ロックされてないですよ」 とのこと。  ん?  よく分からなくて不安なので、目黒区役所総合庁舎の1Fにある休憩所で機材セッティング。 長時間利用や畳に横になっての昼寝禁止みたいですが、Macを利用しての作業はお咎めなし。  池のある日本庭園を眺めながら、なんとも優雅な電子申告となりました。(パスワードロックがかかったみたいな挙動をした原因が不明なままなのは気持ち悪いですけど)    ICカードリーダー&ライターとMacのyosemite(最新OS)の接続はトラップだらけですが、クリアしてしまったので、これで来年からは面倒なことが1つ減るわけだ。 気分も晴れ晴れ。  e-taxオススメですよ。(トラップだらけなのでMaxユーザーは事前に徹底的に調べる必要あり)

新地らー麺・近松(15)

IMG_0223.jpg © 2015 . All rights reserved.

 コントの人9の夜公演終了後に、会場とホテルの間にある繁華街で食事。 はじめての北新地。     最初はお鮨屋さん。 東京では見かけないウツボの唐揚げや、マンボウなどが品書きにあった。「大阪ではウツボやマンボウ食べるんですか?」 と訊ねたら「大阪で長いこと鮨を握ってるけど、ウツボやマンボウなんて握ったことないよ…。だいたい市場に入ってこないしさ。この店は土佐の魚がメインだから、土佐じゃ食べるんじゃない?」 とのこと。 「ウツボやマンボウは大阪で人気なんですか?」 と確認すると「誰も食べないね。注文入ると捌かないとダメだからウツボの注文入って欲しくないんだよね」 と板さんが言っていた。 頭と尻尾があってお腹に身がついているタイプの魚は捌けるが、ウツボもマンボウもそういうタイプではないから捌き方がよく分からないそうだ。  東京だと、握りでなくてツマミで欲しい場合は「アジ。ツマミで」 という感じで注文しますが、大阪の人は「アジ。アテで」 と言っていた。   お刺し身少しと握り数貫でさっとお店を出る。    鮨屋のすぐ近くの近松へ。 近松門左衛門の近松。 なんで近松門左衛門かと思えば、新地って、大阪府大阪市曽根崎新地という住所なんですね。 曾根崎心中で近松門左衛門で、近松という店名なのだと思う。    雑居ビルの地下に降りると10名くらいのカウンターのみのお店はほぼ満席で男女比半々くらい。  醤油らー麺をオーダー。 細麺で、醤油がまろやかなちょっとだけ甘味のあるスープ。 とてもあっさりしていて、スープ熱々でおいしい。 いつかどこかで似た味を食べたのですが、どこか思い出せないのでオリジナリティー高いのだと思う。  塩らー麺は、麺の湯切りする際に麺に直接塩を振っていた。 この作り方も新しい。  さっと食べてライブ会場に移動。  ご馳走さま。 

エレ片のコントの人9とやついさんDJ

IMG_0216.jpg © 2015 . All rights reserved.

 エレ片コントの人9(こちら)を観に大阪へ。   札幌公演以来なので、どんな感じでチューンアップされているのか楽しみにしていた。 しかも昼・夜の2回公演を観ることになったので、昼と夜でどう違うかも興味あり。    まだ最終公演が残っているのでネタバレしない様に書くと、セットも変わったり、ネタも細かい部分が変わっていたり、色々と変わっていた。 お客さんが笑うタイミングはどの公演でもだいたい同じですが、ボケたところで笑う人の比率と、突っ込んでボケを拾ったところで笑う人の比率が各公演で違うのが面白い。  全体的には男性よりも女性が大笑いしてる場合が多いですね。 女性の方が笑うこと好きなんだよね、きっと。    夜公演が終わった後にやついさんのDJイベントへ。  会場の”空気”を作る天才。  やついさんオリジナルのDJスタイル。 唯一無二。 上げて、踊らせて、笑わせて、ハッピーにするエネルギーが凄い。    ありがとうございました。

ラスダン(ラスボス手前のダンジョン)並にトラップだらけのe-tax

DSC05751.JPG © 2015 . All rights reserved.

 有限会社Route24の決算は会計士さんにお願いしているのでなんの手間もないですが、生命保険や医療費、住宅ローン控除があるので確定申告しています。  控除証明書を探して必要書類に記入してと、毎年3月は気が狂いそうになっているのですが、うちの近所にある目黒税務署で確定申告の受付ができなくなり、今年から渋谷区の(青学の横)に行かなければならなくなりました。  ただでさえ鬱陶しい確定申告なのに、近所の目黒税務署で受付けてくれないとは!! どうして目黒区民なのに渋谷区で確定申告しないとダメなわけ?  もう嫌になったので今年はe-taxで確定申告することにしました。    しかしこれが悪夢の始まり。 いきなりラスダンに放り込まれたみたいにトラップだらけ。  事前準備として  ・ICカードリーダー&ライター購入(2,000円程度)  ・目黒区役所にて住基カード取得(1,000円)  は難なくクリア。    その後にセットアップなのですが、まずはICカードリーダー&ライターのデバイスドライバーでトラップ。  マニュアルにドライバのダウンロードURLがあるので、そこに行ってドライバをダウンロードしてインストールするもICカード&リーダーが反応しない。 Googleで調べるとYosemite(Mac OS 10.10)以降はドライバのダウンロードしてはダメらしい。(こちらを参照) しかも新しいドライバをインストールすると、ご丁寧なことに必要なドライバが削除されてしまうのです。  TimeMachineで、元々あったドライバを探し出して復元。    次にJAVAのインストール。 しかし経産省のサイトがセキュリティーに引っ掛かるのでシステム環境設定からJAVAを選んで、セキュリティ項目から例が異彩と登録する必要がります。 これがトラップ2。      次にSmartCard Services(こちら)をインストール。 e-taxのマニュアルにはそんな記載は全くないのですがMacの場合はこのソフトをインストールしておかないとICカードリーダー&ライターを認識しないとのこと。 これがトラップ3。     次にMacにe-taxのルート証明書をインストールする必要があるのですが、ダウンロードした証明書を、個別にキーチェーンアクセスで読み込みしないとダメなので、これがそこそこ面倒。(こちら) これがトラップ4。    そして! そろそろ下準備完了かと思いきや!    この画面が表示されるので、Macを使っている人なら管理者パスワード入力するんだと思うでしょ?    これが最後のトラップ。  これ、管理者パスワードではなくて電子証明書のパスワードを入力しないとダメとのこと。(こちら)   みなさん、このトラップに引っ掛かってるみたいで、ぼくも引っ掛かった(泣) 5回入力間違うとパスワードがロックされる安心システムなので、再び区役所に行ってロックを解除してもらわなけければなりません…。 「タイヘンなことになりました」とか「恐ろしい落とし穴」とか(こちら)、みなさんも、ぼくと同じトラップに引っ掛かってるので励みになります。    しかも!  パスワードは全て大文字とのことで、そこにもトラップがあるらしい。    ぼくが老いてメカ(死語)に弱くなってるとはいえ、こんなにトラップだらけじゃe-taxも普及しないよなー。  内容は記入し終わったので、月曜日に区役所に行ってパスワードのロックを解除してもらえれば、書類を送信するだけのはずなのですが、他にもトラップありそう。 月曜日が確定申告受付けの最終日なので、渋谷の確定申告受付け会場に行った方が確実かも。(本末転倒) 

84で第1/2旭

IMG_0205.JPG © 2015 . All rights reserved.

 友人が始めた会員制の秘密のメシ屋。 ほっこり系のおばんさいメインのお店ですが、本家の第一旭の定休日である木曜日だけ、ハーフサイズの第1/2旭の提供が始まった。(こちら) なんと公認なんである。   仕事関係の打ち合わせがてら伺うことになっていたので、ラーメン3人分のお取り置きをお願いする。    京都の本家で食べるよりも若干麺が固茹で。 スープ熱々は同じ。 もやしの種類が違ってこちらはシャッキリタイプ。 ちょっと渇いた感じの九条ネギなど再現性は95%かな。  ご馳走さまでした。(ラーメンは週1というローカルルールなのに、このところペースオーバーだから気をつけないと)    Sさんファミリーと偶然に会って、5年振りくらいのSさんとも偶然再会して、そのまま並木橋まで歩いてツルちゃんのバーへ。  ウーロン杯濃い目とちょっぴり日本酒の夜。

たいめいけん(14)

IMG_0189-2.jpg © 2015 . All rights reserved.

 数年振り、数回目の日本橋・たいめいけん。 たんぽぽオムライスが有名な洋食屋の老舗ですが、なぜかメニューにラーメンがあり、お店の横にはラーメンの立ち食いコーナーもある。  平日の昼間にはじめて来たので、近所のOLやサラリーマンがいっぱい。 地元の老夫婦や、ひとりで来てるお爺ちゃんなども多くて、休日とは違う客層だった。 当然のこと満席で10人程度の並び。     ジャケット着てハット被ってステッキ持ってひとりでやってきた80歳くらいのお爺ちゃん。 ステッキやハットを椅子に置きながら「チキンカツと、コールスローと、ボルシチ」 と、店員さんにオーダー。  座ってメニューを見てからオーダーすればいいのに、食べたいものが決まってるではないあたりが常連ぽいし、気が急く江戸っ子っぽい。    オーダーを受けた店員さんは「チキンカツにはコールスローがついてますけど、別にも要りますか?」 と、念のため確認。  するとお爺ちゃん「いつも食べてんだ。別にもくださいな」 と、食べ切れないんじゃないかという店員さんの心配をよそに、コールスローを追加オーダーしていた。  60年くらい、この場所で、この味を食べ続けてるんだろうなー。 チキンカツを食べて、さっと帰る矍鑠とした様がカッコいい。    ここのコールスローとボルシチは各々が50円。 これがしみじみと旨い。    ラーメンは昔ながらのノスタルジック系でありながら、エシャロットかなにかの独特な香味野菜の香りがあってハイカラ。 古くて新しい洋食屋さんのラーメン。  ご馳走さまでした。

学芸大学の麺や・すするですする(13)

IMG_0179.JPG © 2015 . All rights reserved.

 学芸大学で2店舗を展開する「すする」で、ラーメンをすする。 つけ麺推しのお店なのでつけ麺は数回食べた記憶がありますが、ラーメンははじめてかも。  六厘舎以降に濃厚豚骨魚介が世界を席巻しましたが、広義ではあの流れになる「またおま」(またお前もか)系。 しかし、白髪ネギの上に、尋常ではないくらいの柚子がトッピングされていて、ドロドロの濃厚さと対局の清涼感で真逆に振ってバランスを取ってるところが新しい。  つけ麺の味も覚えてないので次はつけ麺かな。

可愛すぎてつらい

IMG_0027.jpg © 2015 . All rights reserved.

 恵比寿でミーティング。 あれこれ相談して整理されたのはいいけど、ミーティング中にさらなる混乱が生じた。 中間アプリ完成間近なので、この時期はこんなもんだ…。    すぐに連絡入れた方がいいことが幾つかあるので、ミーティング場所至近のいつものカフェへ。  すると本日は貸切り営業。  場所を変えて恵比寿南交差点のカフェへ。    おっさんひとり客なのにラテアートが可愛いすぎてつらい(^^;